アヴァンセ EA 倶楽部

大人気FX自動売買ツール『AVANCER EA』ユーザーサイトです。勝てるトレーダーになって安定収入と自由を手に入れましょう♪

AVANCER EA FX研究所

【検証】AVANCER EA バックテスト(17/9/1~9/29)

投稿日:2017年10月1日 更新日:

AVANCER EAは24時間稼働タイプの自動売買ツール(EA)ではないため、連続稼働を前提としたバックテストの結果をそのまま云々することはできませんが、一定期間の相場に対し、どのような動きをしたのか大局的なところでは参考になると思って試してみました。

 

 

証拠金残高の推移を見てみると、9月は大きなドローダウンが起きた箇所が3つあり、いずれも重要指標の発表や要人発言が行われた時期にほぼ一致します。バックテストの取引結果では、その際のポジション数は13ですので、AVANCER EAが保持できる最大ポジションで対応できる限度を超える急騰・急落があったことがうかがわれます。このことからも、AVANCER EAの「重要指標発表時や要人発言が予定されている場合は事前に稼働を停止する」という基本ルールは遵守すべきだということがわかります。

実際、最低推奨証拠金14万円、ロット数0.01でバックテストをすると、見事に資金を溶かします。

 

 

ところで、9月13日深夜、予想外にユーロが急落してしまい、実トレードで泣く泣く13ポジションを損切りしましたが、一方で急落に耐えて、その後の反転で利益確定したAVANCER EAユーザーもいましたので、どの程度の証拠金とロット数であれば耐えられたか、ついでに検証してみたいと思います。

AVANCER EAで利用しているXMは、証拠金維持率(※1)が20%を下回ると強制ロスカットになります。そのため、含み損に耐えるためには証拠金維持率20%を維持できる証拠金が最低限必要になります(※※)。
※1 証拠金維持率=(有効証拠金(※2)÷ 必要証拠金(※3))×100
※2 有効証拠金=残高+クレジット(ボーナス)-未決済分
※3 必要証拠金=取引サイズ(例:5lots × 100,000通貨)÷レバレッジ(例:888倍)×口座の通貨換算レート
※※ 実際には、こんな低率でのトレードは怖くてできませんので、証拠金維持率は1000%以上を目安にトレードする人が多いようです。

必要証拠金の計算は面倒なので詳細は省略しますが、今回のドローダウン時に証拠金維持率20%をなんとかクリアできる額をざっくり計算すると約28万円になりました。ただ、現実のトレードでは証拠金維持率1000%は欲しいので、証拠金維持率1000%となるように計算してみると、約80万円になりました。そうすると、9月13日深夜のユーロ急落に対しては、ボーナス込みの有効証拠金で約80万円の必要証拠金があえれば、含み損に耐えて反転を待つという戦略も可能だったようです。

以上は0.01lotsでのトレードを前提に試算しましたが、私の場合、実際には0.02lotsでトレードしていましたので、強制ロスカットにかからないためには約52万円、安心して反転を待つためには約110万円の有効証拠金が必要だったことがバックテストの結果からうかがえます。そのため、当時、証拠金残高が100万円に満たなかった私が、泣く泣く13ポジションを損切りしたことはトレード的には正解だったようでした...。(T-T)

-AVANCER EA, FX研究所

Copyright© アヴァンセ EA 倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.