アヴァンセ EA 倶楽部

大人気FX自動売買ツール『AVANCER EA』ユーザーサイトです。勝てるトレーダーになって安定収入と自由を手に入れましょう♪

仮想通貨(暗号通貨)

仮想通貨(トークン)をタダでもらった♪

投稿日:2018年3月3日 更新日:

3月1日~3月15日までの期間限定ですが、「Unizon」という仮想通貨(トークン)がプレセール前に無料配布(AirDrop)されるということで、早速もらってみました!

AirDropってなに?

仮想通貨の入手方法としては、取引所での購入、ICO、マイニング(採掘)がポピュラーですが、プロジェクトによっては「無料で仮想通貨を配る」ことがあります。こういう形態のことを「AirDrop」と呼んでいます。

仮想通貨をタダで配布というと、なんだか胡散臭い感じがするので、「AirDrop=詐欺」じゃないかと心配になってきますが、やっている側にもちゃんとした理由があるので心配する必要はないようです。

AirDropの主な目的としては、
 〇 仮想通貨の所有者を増やすことで流動性をアップさせること
 〇 仮想通貨の知名度を上げること
 〇 プレセール等に向けて事前登録者を集めること
などがあるようです。

今回参加した「Union」も、プロジェクトを多くの人に知ってもらうために、ICO「Unizon」に事前登録をした先着5万人に40UZNトークンを無料で配布しているというものです。

Unizonプロジェクトとは?

Unizonプロジェクトは、保険加入者が自ら保険を企画し、その保険に賛同した加入者が参加することで保険が成立するという仕組み作りを目指しています。

つまり、Unizonは、これまでの保険の常識を変える加入者主導の保険を企画することができるプラットフォームです。

Unizonが実現することで、
 〇 人件費が大幅にコストカットできることで保険料が安くなる
 〇 加入者が本当に望む保障内容の保険を企画して加入することができる
 〇 これまで保険に加入したくても加入できなかった低所得者などもマイクロ保険などへ加入することができる
など、大手保険会社では実現できなかった保険プランが誕生し、保険業界にイノベーションを起こすことが期待されています。

さらには、保険の企画者には保険料の数%をインセンティブとして受け取ることができるなど、よりよい「保険」が誕生する仕組みがあるのも特長です。

Unizonでは企画者が、加入者にとってよりよい保険を企画することで、Unizonに保険加入者が集まり、保険料をUZNトークンで支払う。

そうすると、保険料を支払うためにUZNトークンの需要が高まり、UZNトークンの価値が高まっていくような好循環が生まれる。

Unizonとは、そんなプロジェクトです。

Unizonは、2018年9月中旬に取引所への上場が決定されているそうですので、プロジェクトに期待してICOに参加するも良し、とりあえずトークンをもらって値上がりを期待するのも良さそうです。




-仮想通貨(暗号通貨)

Copyright© アヴァンセ EA 倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.