アヴァンセ EA 倶楽部

大人気FX自動売買ツール『AVANCER EA』ユーザーサイトです。勝てるトレーダーになって安定収入と自由を手に入れましょう♪

インジケーター(テクニカル)

ピボット(Pivot)を利用した損切り判断とは?

投稿日:2017年12月24日 更新日:

AVANCER EAユーザーにはおなじみのテクニカル指標「ピボット(Pivot)」ですが、具体的な損切り判断のやり方について質問が多いので少し解説してみたいと思います。
なお、「ピボット(Pivot)」はメタトレーダー4(MT4)に標準で入っていませんが、ネットで検索すると容易に見つかります。

ピボット(Pivot)とは?

ピボット(Pivot)とは、簡単に説明すると、前日相場のレートの動きから値動きを予測するテクニカル指標で、短期の逆張りトレードによく使われています。正式名称を「The Reaction Trend System」と呼ばれますが、「Reaction Trend」とは「もみあい相場(レンジ相場、ボックス相場)を意味し、トレンドの発生も見抜くことが出来る優れもののテクニカル指標です。

ちなみにPivotとは「回転」のことで、テクニカル指標の「ピボット(Pivot)」という呼び名は、ピボットポイントを中心にその日のレートが動くことに由来しているそうです。

ピボット(Pivot)の計算式

通常のピボットインジケーターでは、7つのポイント(ピボットポイント・サポート1~3・レジスタンス1~3)が表示されます。
それぞれのポイントは、次のような計算で算出されます。
・ピボットポイント(P)=(前日の高値+安値+終値)÷3
・サポートライン1(S1)=Pー(Pー安値)
・サポートライン2(S2)=Pー(高値ー安値)
・サポートライン3(S3、L※)=S1ー(高値ー安値)
※ L:ロー・ブレイクアウトポイント(LBOP)ともいいます。
・レジスタンスライン1(R1)=P+(Pー安値)
・レジスタンスライン2(R2)=P+(高値ー安値)
・レジスタンスライン3(R3、H※)=R1+(高値ー安値)
※ H:ハイ・ブレイクアウトポイント(HBOP)ともいいます。

計算式ではわかりにくいですが、図示するとそれぞれのポイントは次のような関係になります。

 

 

 

 

ピボット(Pivot)とレンジ相場

レンジ相場では一定の値幅でレートが推移するため、ピボットポイントを中心に前日のレートと同じような値動きをすると仮定すると、その日のレートはサポートライン2(S2)とレジスタンスライン2(R2)の間を動くことになります。

実際のチャートでも、レジスタンスライン2(R2)で反転するケースがよくあります。
そのため、AVANCER EAを利用している場合、多少ポジションが溜まっていても、これらのラインまでは様子を見るという判断がとれることになります。

 

 

 

 

 

ピボット(Pivot)とトレンドの発生

レンジ相場がサポートライン2(S2)とレジスタンスライン2(R2)の間で推移するのに対し、サポートライン3(S3)やレジスタンスライン3(R3)は、前日の高値と安値の値幅に加えて、前日の値動きと逆の動きを加えたラインですので、チャートがサポートライン3(S3)やレジスタンスライン3(R3)を抜けるということは、新たなトレンドが発生したと見ることができます。

そのため、サポートライン3(S3)をロー・ブレイクアウトポイント(L、LBOP)、レジスタンスライン3(R3)をハイ・ブレイクアウトポイント(H、HBOP)と呼ぶことがあります。

AVANCER EAなどのレンジ相場向けEAを利用している場合、チャートが前日の値幅であるサポートライン2(S2)やレジスタンスライン2(R2)を抜けると、新たなトレンドにチャレンジしてサポートライン3(S3)やレジスタンスライン3(R3)を目指すことが予想されるため、損切りを判断するタイミングと考えることができます。

-インジケーター(テクニカル)

Copyright© アヴァンセ EA 倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.