お知らせ EA(自動売買) EA開発・自作EA

祝★暫定3位!!《真のEA日本一決定戦》キングオブEA2022

2022年10月29日

第1ターム(4週目)★結果発表(2022年10月28日現在)

アヴァトレード・ジャパンが主催する国内唯一の最も優秀なEAを決める大会『キングオブEA2022』

10月3日(金)から第一次審査を勝ち残ったMT4部門64EAとMT5部門7EAが激戦を繰り広げています!

ちょうど4週間が経過した時点での暫定ランキングが次のとおりです。

祝★暫定3位!!RCSSB_USDJPY_M15

なんと当サイトのエンジニア(EA開発担当)創哉(SO-YA)が参戦していますが、堂々暫定3位にランキングしました!!

瑛斗

創哉、流石だね!荒れた相場ですごいね!

さすがに為替介入で被弾したけど、その後は上手くトレンドに乗って利益を積み上げることができたよ。

創哉

第1ターム(4週目)★振り返り

今期の振り返りをしてみましょう!

相対ドローダウン

相対ドローダウンは12.48パーセントと厳しい結果が出ましたが、これは相場が不安定でトレンドが形成しづらかったことに加え、為替介入による急落で被弾したことが大きく響いたようです。

売買別損益

売買比率を見ると売りと買いの割合はそれほど変わらないのに、売買別損益が大きく違ってきました。

これは上昇トレンドを見込んで「買いポジション」を持っていたところを為替介入で損失を受け、買い方向での利益が上がらなかったことが考えられます。

今後の展望

第1ターム(4週目)では為替介入に被弾しながらも、売りトレンドでトレーリングストップが上手く機能して利益を積み重ねてくれました。

今後も安定して利益を上げるためのカギは、いかに買いトレンドで利益を積み上げるかですが、1ドル150円付近での為替介入は今後も予想されるため、予断は許さない状況でしょう。

ただ、損小利大を標榜するトレンドフォロー型EAとしては、このような荒れた相場で利益を重ねてこそ優秀といえるので、ぜひ「RCSSB_USDJPY_M15」には真の日本一EAを目指して頑張って欲しいですね!

-お知らせ, EA(自動売買), EA開発・自作EA

ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapanesePortugueseRussianSpanish