インジケーター(テクニカル)

市場時間を色分け表示するMT4インジケーター「Sessions EX」設定まとめ

2018年8月12日

FXチャートを見ていると、それまで動きがなかったチャートが大きく動き出すことがよくありますよね。

多くは重要経済指標の発表や要人の発言に起因するものが多いのですが、日常的にもチャートが大きく動く時間があります。

その中の一つがアジア・欧州・NY市場の切り替わり時に、それぞれの市場で取引しているトレーダーの駆け引きの結果、チャートが大きく動くことが少なくありません。

それがチャート上すぐわかるようできるのが市場時間を色分けして表示してくれるMT4インジケーター「Sessions EX」です。

この記事では「Sessions EX」の主な機能とパラメータ設定について紹介します!

「Sessions EX」は、アジア・欧州・NY市場の時間帯をチャートに表示してくれる!


今回ご紹介するインジケーター「Sessions EX」は、アジア・欧州・NYの市場が開いている時間帯をチャート上に表示するものです。

FXトレードにはチャートが必須ですが、MT4のチャートはインジケーターを入れていないと無味乾燥的なもので、特に相場の一日の流れがつかみにくいのが難点です。

しかし、このインジケーター「Sessions EX」を使えば各市場でどのような取引が行われたのかが一目瞭然となります。

「Sessions EX」のココがおすすめ♪

インジケーター「Sessions EX」はココがオススメです♪

おすすめ①:各市場の特色がよく分かる

チャート上にアジア・欧州・NYの市場が開いている時間帯が表示されるため、それぞれの市場でどのような動きをしているかが視覚的によく分かります。

例えば、東京時間は、実需の取引が多いことあって値動きは限定的になります。
そのため、一般的にはレンジ相場が多く、大きなトレンドが出にくいことが特徴です。

また、ロンドン時間は、活発な投機筋が参入してくるため、流動性が厚くなってトレンドが発生しやすくなる時間帯です。

これに対し、ニューヨーク時間は、重要な指標発表の時間と多く重なるため、急なトレンドの変換が生じることがよくあります。

このインジケーター「Sessions EX」を利用することで、このような各市場の特色が視覚的によく分かるようになり、相場の流れがよく分かるようになります。

おすすめ②:欧州勢vsアジア勢、NY勢vs欧州勢の攻防が見えてくる

チャートを眺めていると、特定の時間帯、つまり、各市場が開いている時間が重なっている部分でトレンドの発生や転換が起きることに気づきます。

欧州勢やNY勢は、それまでに取引していた勢力のストップを狙って逆張りを仕掛けてくる傾向があるため、新規に仕掛けてくる勢力と損失に耐える勢力の攻防が見られます。
そして、いよいよ耐えられなくなった勢力が損切りを行うために勢いよくトレンドの発生や転換が生じるのです。

インジケーター「Sessions EX」では、「ある価格水準にどれくらい滞在したのか」をグラフ表示することができるため、この一進一退の攻防が行われたライン、つまり相場で強く意識されたラインを知ることができ、今後のトレードにも活かすことができます。

「Sessions EX」のパラメータ設定は難しくない


「Sessions EX」のパラメーター入力タブを開くとたくさんの項目があるので意見難しそうですが、通常は初期設定で問題なく動作してくれます。

ユーザー側で設定する必要があると、利用しているFX口座(ブローカー)のタイムゾーン設定くらいで、あとは好みで色表示を変更するくらいで、すごく簡単に利用できるインジケーターです。

「Sessions EX」はこうやって利用(活用)しよう!

自動売買ソフト(EA)で運用している場合、それほどチャートとにらめっこをする必要はありません。

しかし、ナンピン系の自動売買ソフト(EA)を利用していると、溜まったポジションを手動で損切りするかどうか、そのままEAに任せるのか、仮に手動で損切りするとしてどのタイミングかに悩むことが少なくありません。

そんなとき、このインジケーター「Sessions EX」があると役に立ちます。

つまり、例えば、NY市場が開いてもチャートに変わった動きがなければ、ロンドン時間に発生したトレンドが継続することが予測できるため、それまでに溜まったポジションは損切りすべきと自信を持って判断することができます。

サポートラインやレジスタンスラインを利用した損切り判断が縦軸(価格)の判断だとすれば、インジケーター「Sessions EX」を利用した損切り判断は横軸(時間帯)による判断といえます。

通常は難しい損切り判断もシステムに任せてしまえるのが自動売買ソフト(EA)の利点ですが、上手くインジケーターを併用してEAの不得意な相場を自信を持ってサポートできるとより収益性を上げることができます。

もちろん「Sessions EX」は裁量トレード、特にブレイクタイプのトレンドフォロー手法でも威力を発揮できるインジケーターであることは言うまでもありません。

興味がある方はこちらから無料で利用することができます!

アジア・欧州・NYの時間帯をチャートに表示、Sessions EX - インジケーター・電子書籍 - 投資戦略・トレード手法・相場分析・ツール・自動売買等の流通プラットフォーム - GogoJungle
アジア・欧州・NYの時間帯をチャートに表示、Sessions EX - インジケーター・電子書籍 - 投資戦略・トレード手法・相場分析・ツール・自動売買等の流通プラットフォーム - GogoJungle

三つ巴のストップ狩り合戦に乗っかって、大きな動きを取る!

www.gogojungle.co.jp

-インジケーター(テクニカル)

ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapanesePortugueseRussianSpanish